【実は落とし穴がいっぱい】サプリ服用時の3つのデメリット

      2016/07/07

Pocket

 
健康被害の事例も!

いいことばかりじゃないサプリのデメリット

高齢化社会の波に乗り、グングンと成長を続けるサプリ市場。
 
正しくは栄養補助食品や健康補助食品と呼ばれていて、 あくまで「食品」。薬じゃないので安心して利用されている方も多いのですが、意外と健康被害の事例が多いので!落とし穴としてデメリットをまとめてみました。

メリット

・食事で不足しがちな栄養素を補える
・手軽に栄養素を摂ることができる
・継続的に摂取することが可能
・プラシーボ効果が得られるwww 

デメリット

・過剰摂取による健康被害・体調不調
・薬との併用に注意
・妊娠時の服用は要注意
・依存症に注意
・体質との適性
 
健康被害もそうなのですが注意すべき点など意外とデメリットが多いんです。購入の時は利用後のポジティブな姿をイメージするのですが、注意点は理解しておく必要がありますね。
 

健康被害とサプリ依存症に注意!

デメリットの健康被害については事例も挙げられています。
 
中でもダイエット系サプリは「補助食品だから」「医薬品じゃない」といった利用者の都合のよい解釈で過剰摂取される方も多いとのことです。
 
ぼくも以前、マルチビタミンを飲んでいましたが体がしんどい時は気分的に飲む量を増やしていました。
精神的な面でサプリに依存していたんでしょうねw
「いつもより多く飲んだので大丈夫!」みたいな感じで。
 
このサプリ依存者って、少なくないようで月に10万円も使う人がいるとのこと。
特にダイエット系のサプリは件数が多く、依存される方が多いようです。 
 

基本「食品」ということを忘れないコト!

広告のバナーやランディングページでは医薬・化学的な効果効能を紹介しているように見えますよね。
でも、あくまで食品なので不足している栄養素を補うというのを忘れないようにしましょう。
 
我々、利用者が思っている以上に販売側ってシステム化されていて、無料サンプルをフックに多くの人に体験させて、DMやメールを使って(サンプル取り寄せ時に個人情報を提供しているから)定期購入までナビゲートするんです。覚えがありませんかww
 

サプリにハマる定期購入フローの実態

定期利用者のあるあるをまとめてみました。
 
【サプリにハマるパターン】
①無料サンプルを取り寄せ体験!<変化を感じる:プラシーボ効果含む>
②気に入って購入!<メーカーに定期購入を促される>
③定期購入して飲む量が増える<定期購入で利用量が増える>
④気がつけば依存症<止められない止まらない>
 
どうですか?サンプル配布とか利用したことありませんか? 
うまいこと愛用者になって、利用量が増えていくと過剰摂取になったりするんですね。
 
あくまで「日常生活で摂取しにくい栄養素の補給」「食品」「薬の効果は得られない」ってことを忘れずに、正しい利用で健康を目指しましょう。
Pocket

 - サプリ , ,