ミニファミコン発売当時の価格を算出!金額見たら確かに夢だわ

   

Pocket

こんにちはミニファミコンを予約しそびれたmorunです。

ミニファミコンの予約再開を待っていて、ふと疑問を抱きました。

発売当時の価格でどれくらいになるのか?です。

本体にソフトが30本も付いて、このミニファミコンの5,980円って安いのか?高いのか?調査しました。

スポンサードリンク

本体価格

まずファミリーコンピューターの発売当時(1983年)の希望小売価格は14,800円でした。

ついで忘れてはいけないのが、ディスクシステムです。今回のソフトの中にはディスクシステムが含まれていますので1986年発売の時点で15,000円。

この合計29,800円本体価格になります。

当時は「この金額手に届かないんだよなぁ」って思ったんですが、今のハードの金額とほぼ同じですね。

PS4の新しい金額と同じなんですよね。ただディスクシステムの保有率はそれほど高くなかったのではないでしょうか。

ソフト価格

そして収録されている30本のソフトの価格です。

発売初期の1983~1984年は任天堂・ナムコと4,500円と安価でした。

徐々に価格が上がり1985年頃にはバルーンファイト、エキサイトバイクは5,500円になっています。

1985年のスーパーマリオブラザーズは4,900円です。ROMカセットの集大成として造られた、このソフトで一気に社会現象を起こします。

その後、ROMカセットからディスクシステムに移行されゼルダの伝説、メトロイド、リンクの冒険と2,600円になります。(悪魔城ドラキュラは2,980円)

1987年あたりからROMのメモリが安価になったことで、再びカセット作品が増えます。

と同時に価格も上がっていきます。

1988年には忍者龍剣伝が5,500円、ロックマン2Dr.ワイリーの謎が5,800円、スーパーマリオ3で6,500円と6,000円台が登場。

1990年には収録ソフト30本中最も高いファイナルファンタジーIIIが8,400円に達しています。

景気が良かったこと、ファミコン市場の過熱で短期間の間にソフト価格が上がっていったのでしょう。

では、30本とファミコン本体にディスクシステム発売当時の希望小売価格と合計は次の通り。

 

名称/販売元

発売年

店頭小売価格

ファミリーコンピュータ(任天堂)

1983

¥14,800

ディスクシステム(任天堂)

1986

¥15,000

1

ドンキーコング(任天堂)

1983

¥4,500

2

マリオブラザーズ(任天堂)

1983

¥4,500

3

パックマン(ナムコ)

1984

¥4,500

4

エキサイトバイク(任天堂)

1984

¥5,500

5

バルーンファイト(任天堂)

1985

¥5,500

6

アイスクライマー(任天堂)

1985

¥4,500

7

ギャラガ(ナムコ)

1985

¥4,500

8

イー・アル・カンフー(コナミ)

1985

¥4,500

9

スーパーマリオブラザーズ(任天堂)

1985

¥4,900

10

ゼルダの伝説(任天堂)

1986

¥2,600

11

アトランチスの謎(サンソフト)

1986

¥4,900

12

グラディウス(コナミ)

1986

¥4,900

13

魔界村(カプコン)

1986

¥5,500

14

ソロモンの鍵(ナムコ)

1986

¥4,900

15

メトロイド(任天堂)

1986

¥2,600

16

悪魔城ドラキュラ(コナミ)

1986

¥2,980

17

リンクの冒険(任天堂)

1987

¥2,600

18

つっぱり大相撲(テクモ)

1987

¥4,900

19

スーパーマリオブラザーズ3(任天堂)

1988

¥6,500

20

忍者龍剣伝(テクモ)

1988

¥5,500

21

ロックマン2 Dr.ワイリーの謎(カプコン)

1988

¥5,800

22

ダウンタウン熱血物語(テクノスジャパン)

1989

¥5,900

23

ダブルドラゴンII ザ・リベンジ(テクノスジャパン)

1989

¥5,900

24

スーパー魂斗羅(コナミ)

1990

¥5,800

25

ファイナルファンタジーIII(スクウェア)

1990

¥8,400

26

ドクターマリオ(任天堂)

1990

¥4,900

27

ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会(テクノスジャパン)

1990

¥6,200

28

マリオオープンゴルフ(任天堂)

1991

¥6,000

29

スーパーマリオUSA(任天堂)

1992

¥4,900

30

星のカービィ 夢の泉の物語(任天堂)

1993

¥6,500

  合計  

¥180,880

ファミコン本体+ディスクシステム=29,800円

ソフト30本=151,080円

合計180,880円!

子供の頃、憧れだった本体とソフト180,880円相当がなんと5,980円(税別)!

めちゃくちゃお買い得じゃないですか!(テレビショップぽいですねw)

そりゃ、ファミコン世代が飛びついて売り切れるのも納得ですww

合計価格調べるんじゃなかった。。。余計に欲しくなってきてしまいました。

毎日のAmazonチェックして必ず手に入れましょう。

関連記事

したたか過ぎる任天堂の戦略|ミニファミコン発売4つのメリット

ミニファミコン発売の経営陣の思惑について書いております。合わせてご覧ください。

スポンサードリンク

Pocket

 - ゲーム, 任天堂 , , , ,