国会っておかしいトコだらけ!蓮舫さんの質問がクズすぎる

      2016/10/12

Pocket

こんにちは。

おかしい事って本当に多いですよね。目に余る事ほど怒りではなく、ため息がでるものです。

と、いきなりですみません。怒りが今頃やってきました当ブログの管理人です。

先日、Youtubeで国会答弁をダラーっと拝見。内容は民進党の蓮舫代表と安倍首相の答弁。

あまりにおかしい事が多かったのでカンタンにまとめてみます。

スポンサードリンク

議論な状況について

論戦となったのは第2次補正予算案の審議です。

補正予算案について審議する。そのままですが自民党が提出した補正予算について議論を行うべき場です。

その補正予算についてではなく、突然「憲法」の話を始めます。

議論内容

まぁ、補正予算につながっていくのかと思ってみていました。

この質問については安倍総理は「憲法審査会で議論を重ねるべき」との回答。

ここまではおかしくないです。はい。

おかしなこと1「アジェンダが予算でなく憲法」

首相の回答に対して蓮舫代表は再び、憲法に対する考えを投げかけます。

普通の企業の会議で考えてみてください。

アジェンダと違う内容を切り出して、適切な会議を促されると本題へと戻りますよね。むしろアジェンダと違った話を冒頭からすると怒られます。

最悪、追い出されますよね。

おかしなこと2「話を変えたアジェンダが国防論で予算に関係ない」

まったく本題に入らないまま、次に話題を切り替えたのが国防論。

かつての自民が野党時代だったころの現・稲田防衛大臣の記事を引っ張り出して指摘が延々と続きます。

稲田防衛大臣の回答は「当時の外交問題(特に中国の領海侵入)、当時の民主党の無対応」の状況においての指摘。

また一部のみの雑誌記事の引用についても解説。

おかしなこと3「議長はアジェンダがズレても指摘しない」

結局、この補正予算審議において民進党・蓮舫代表は安倍総理との論戦(のつもり)は憲法と国防論がほとんど。

補正予算についての議論が行われないまま終了です。

企業の会議だと議論から外れた場合は軌道修正を行いますが、放置状態。

一般人からしたら、この意味のない揚げ足取りな会議の必要性を疑います。

おかしなこと4「メディアがアジェンダ食い違いを指摘しない」

そして、このアジェンダが全く噛み合っていない国会についてメディアが一切批判的な内容を指摘していません。

「核武装発言」蓮舫代表と稲田防衛相が応酬

読売新聞

憲法「成立過程に課題」首相、改めて改憲意欲

毎日新聞

議論すべき予算について一切、行われていないのですから、メディアとしてはハッキリと指摘すべきじゃないでしょうか。

一般企業の会議で例えると

会議中に全く関係のない話を初めたと思いきや、逆ギレしながら上層部を罵って周囲に同調を煽っているような。(あまりうまくない例えですが)

民進党の蓮舫代表がただただ、イタイ人(まぁ、2重国籍のところからイタかったんですが)で、まわりのいい人が付き合っている世界観に理解できません。

出川哲郎さんのキレ芸みたいにしっかりオチでもあればいいのですが、それもないですし。。。

ツイッターでも同意見が多数

ちょっと面白かったのが、その後に質疑を行った日本維新の会、足立康史議員の答弁は秀逸でした。

ちょっと、品がないかもしれませんが、会社に勤めたことがある人なら、これくらい怒りますよね。。。

こうすればいい

まぁ政治家からすると「これが国会なんです」と言われても、議論になっていないのって大問題です。

よく考えると選挙時の出馬データって

  • 政党/無所属
  • 学歴/経歴
  • キャッチコピー
  • 年齢

程度しか情報がありません。この情報だけで適正で能力の高い人かどうかを判断するのって至難の技。さらに選挙期間に入ると規制がかかり、メディア情報が一気に減ることを考えると有権者が間違えるのは当たり前です。

ここで思い出して欲しいのが、世論の風によって過去、民主党に政権を与えてしまったがために、地獄のような日本経済低迷期を招いたわけです。(実質GDPは民主党時代、成長していたっていいますがリーマンショックの後ですから)意味不明な外交とかもありましたね。。。

ここは是非、新人以外は国会での活躍を星5つでわかりやすく評価表を導入して欲しい!

せめて1ミリの国益にならないクズ議員を国会に送り込むことも少なくなれば、もう少しはまともな国会になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

Pocket

 - 未分類 , , , , , ,