注目の駐車場シェアサービス|akippaのメリット・デメリット

   

Pocket

何かと話題が多いカーシェアリングサービスUberはご存知かと思いますが、クルマだけでなく駐車場のシェアリングサービスakippaが利用者が伸ばしています。

駐車場シェアサービスの仕組みは空き駐車場を所有している方がakippaサービスに登録。駐車場の利用希望者がスマホアプリで検索、予約、支払いまでを一括で行うサービスです。

そんな駐車場シェアサービスakippaのメリットデメリットをご紹介します。

スポンサードリンク

メリット

貸し出し側

  • 空き駐車場や空き地を利用して収益化できる
  • 初期投資が不要(カラーコーンなどの準備は必要)

駐車場利用側

  • 安く駐車場を利用できる
  • 予約ができる
  • スマホで事前に予約ができる
  • 駐車場を選ぶ選択が増える
  • 支払がスマホで完了し現金不要

デメリット

貸し出し側

  • 利用者がトラブルを起した際、近隣周辺への配慮が必要
  • タダで止められる可能性がある
  • 簡単ながらも管理する必要がある

駐車場利用側  

  • 一般人の所有スペースであるため不整備の場合がある
  • 時間延長が1回しかなく確認が必要と手間がかかる
  • 管理者がいない場合がある

まとめ

以上のように置いておく時間が決まっているのであれば利用価値は高いサービスと言えます。

しかしながら、駐車場内で何かトラブルがあった場合は駐車場側、利用側ともに不慣れであり揉めることになる可能性が高いです。
その際に迷惑をかけるのが近隣の方々になります。

貸し出し側としてはトラブル時に放置しておけない状況に陥るため、事前に対処方法は決めておく必要があります。

akippa考察

最近のITサービスのトレンドとして、余剰となったモノのシェアが流行っています。

オークションサービスのメルカリ、タクシーやハイヤーの配車サービスであるUberなどもその一例ですね。

akippaのサービスは私有地を解放し、ニーズのある駐車場として有効活用することで提供者には収益化、利用者には低価格を実現させました。

言わば、固定資産税などコストであったモノがお金を生み出すことが可能になったのです、それも参入するのに無料として。

例えば差押えた土地を持つ自治体などがakippaを使い収益を税収に充てたり。一般人では駐車場の土地を持たなくても駐輪場スペースの提供で小銭を稼ぐことも将来可能となります。

収益の可能性を広げる素晴らしいサービスではないでしょうか。僕は旅行の時にレンタカーの駐車場で使ってみようかと思います。

スポンサードリンク

Pocket

 - 新サービス , , , ,