電通のネット広告戦略|提携・買収から考える今後の狙い

   

Pocket

こんにちはブログ管理人のmorunです。

いよいよ2017年もちょうど折り返しですね。本当に早い。。。

さて今回はここ最近の電通が行なった買収や提携について解説。そのニュースから見えてくる電通のネット広告戦略や、市場の未来を考えます。

スポンサードリンク

まずは買収・提携のニュース

  1. 株式会社Viibarとの資本業務提携について
  2. 電通と電通デジタル、動画広告のクリエーティブ改善でKaizen Platform社と業務提携
  3. 電通、英国のデジタルタレントマネジメント会社「グリーム・フューチャーズ社」のマジョリティー株式の取得で合意

国内外で提携・買収を凄いスピードで進めています。2のKaizen Platform以外はこの1ヶ月で行われていて、いずれもネット広告に関する企業です。

買収・提携企業からわかる方向性

さて、それぞれの買収・提携の中身を分解します。

  1. 動画大量制作が可能な企業
  2. PDCA運用に強みを持つ企業
  3. 動画大量制作が可能な企業

さらにサービス内容を考えると「運用」「PDCAサイクル」「動画大量制作」の能力を電通は手にしたことになります。これらをつなげると動画を大量制作し運用する準備と考えるべきです

つまりバナーのように動画で大量制作を行う

これまでバナーで行われてきた大量制作と検証、改善を動画で行うことを目指していると考えられます。

特に①③は、大量制作に向いている企業で、電通が弱点だったネット広告における大量制作と高速での運用改善を強化することが目的じゃないかと推察します。

動画大量制作&運用における課題とその対策

動画を大量に制作し運用することができた場合の課題は「高速PDCAに耐えうるデータ分析と戦略」だと私は考えます。

こればバナーでも同じことが言えるのですが、運用改善を目指すうえで制作はネックになります。特にクライアントや広告掲載メディア側のチェックを挟むと時間がかかるものでした。

それが今回のViiberとインフルエンサーを囲うことで動画コンテンツを高速で運用改善ができるようになるのです。

その結果として次のボトルネックになるのが、データ分析と戦略じゃないかというのが見立てです。そのデータ分析と戦略において、電通は既に2015年段階にMA(マーケティングオートメーション)の企業を買収しています。

マーケティングプラットフォーム「B→Dash」を提供するフロムスクラッチは11月30日、電通デジタル・ホールディングス、グローバル・ブレイン、日本ベンチャーキャピタルおよび既存株主を割当先とした総額10億円の第三者割当増資を実施

Techcrunch

電通の買収・提携から考えるネット動画施策は「圧倒的な動画の大量制作」「高速の運用改善」だと考えるべきです。

今ままでネット専業の強みであったバナーとLPでの高速運用改善を動画で行う準備を進めているのでしょう。

ではネット専業の広告代理店が取るべき方向性とは

ここからは主観で電通以外の、特にネット専業代理店が生き残るためのポイントについて考えます。

これまで、電通のネット広告のおこぼれに預かっていた企業にとっては頭が痛いことです。ご覧のように動画の知見・制作体制・規模において電通グループに付け入る隙はない状態。

と言っても生き残るためにできることは。。。「局地戦に持ち込んで勝つ!」しかないのです。そうです、ランチェスターの戦略しかないでしょう。

さすがにテレビよりマージンが薄いネット広告においては、手厚いサポートで運用することはできないはず。さらに、案件が大きくなればなるほど実務は多岐にわたり、戦略とのズレが生じたり、獲得効率でほころび出るのではないかと考えます。

そうなると、獲得件数を積み上げるためにネット専業代理店に案件が流れてくるのではないかと。まぁ、現状とさほど変わらないかもしれませんが、広告メニュー毎に削り取ることができるのではないかと考えます。

思いつく案がちょっとショボくてスミマセン感がでちゃいますが、動画の大量制作、インフルエンサー、MAもまだまだ実用段階ではないので課題が山ほどでてくると思います。

そんなワケで「ぬののふく・ひのきのぼう」で戦ってきた人間として一言だけ電通さんに言いたい!

内弁慶じゃなく、海外で勝負しろッ!

です、ここまでほぼ独禁法に近いくらいの勢いで広告業界を牛耳って来たのですから、敵のいない日本国内でオラオラ感出すんじゃなくて、海外での日本の広告代理店として活躍してもらいたい。そして海外への道を開いて欲しいものです。

まとめ

  • 大量動画制作系企業の買収や提携を進めている
  • 運用改善システムの企業と提携
  • ネット動画広告での運用スキルを構築している

スポンサードリンク

Pocket

 - ネット広告・ウェブマーケティング, 広告代理店, 広告全般 , , , , ,