ミニファミコン|全30タイトルのエンディングを集めて見た

   

Pocket

こんにちは管理人のmorunです。

せっかく購入されたミニファミコン。内蔵されているソフト30本を手当たりプレイして見るも、どのソフトも難しくゲーム開始序盤からゲームオーバーを迎えているのではないでしょうか。

敵にチョンと触れるだけで死ぬ主人公の貧弱ぶり。絶え間なく次々と押し寄せる敵と弾。大きく口を開いた穴ぼこ。

ゲームテクニックは30年という時間に比例することがないことを痛感したのではないでしょうか。

せっかく買った30本分のエンディング、見てみたくはないですか?ということで努力することなく見るためにズラズラッと紹介します!ちなみに、私がクリアした動画でないです。。。

掲載方法は年代別で並べているので、ゲーム文化がどのように充実していったのかがわかります。その点でもご覧ください!

スポンサードリンク

1983年

1983年7月15日、本体であるファミコンが発売。ドンキーコング、マリオブラザーズが同時発売でした。いずれもアーケードで稼働されていたタイトルです。この当時のゲームはクリアし続けるとループするので今のようなエンディングはありません。

まさにビデオゲーム然とした作品ですね。

ドンキーコング

全4面をクリアするとマリオとピーチがである簡単なエンディングが入ります。ですが、基本的には全4面が延々とループされます。

マリオブラザーズ(エンディングなし)

エンディングなしで全4ステージをループ。エンディングはなしです。

1984年

まだ、スーパーマリオブラザースが発売される前であるため派手な演出のエンディングはありません。この1984年といえばロサンゼルスオリンピックが開催されたり、アップルコンピューターがMacintoshが発売されています。

パックマン(エンディングなし)

エキサイトバイク(エンディングなし)

1985年

ファミコンが爆発的な普及となるスーパーマリオブラザーズが発売です。物語形式のエンディングとしてスーパーマリオブラザースで描かれています。

バルーンファイト(エンディングなし)

アイスクライマー(エンディングなし)

スーパーマリオブラザース

ギャラガ(エンディングなし)

イー・アル・カンフー(エンディングなし)

1986年

この年にディスクシステムが発売。ゼルダやメトロイド、悪魔城ドラキュラなどがディスクとして発売されています。

前年から比べて一気に本数が増えています。それと同時にエンディングがないものがなくなっています。魔界村では2周目で真のエンディングが見られるという設定も登場。ゲームに演出が加わっていくようになっていくのです。

メトロイドではクリア時間によってエンディングに登場するサムズの衣装が変わり、昔は今のようにリアルな口コミしかなかったので「サムズが水着になる」というのが都市伝説のように広がっていました。

ゼルダの伝説

アトランチスの謎

グラディウス

魔界村

ソロモンの鍵

メトロイド

悪魔城ドラキュラ

1987年

エンディングも凝った演出が入ります。つっぱり大相撲のエンディングはパレードシーンやテレビ画面などゲーム画面を流用したものでないエンディング専用で作られています。

リンクの冒険

つっぱり大相撲

1988年

この頃から大容量カセットロムの価格が安くなったため、ディスクからカセットにメディアが戻ってきます。スーパーマリオブラザーズ3は購入した人は多かったのですが、エンディングを見た人は少なかったのではないでしょうか。

そして演出といえば、忍者龍剣伝ではテクモシアターといってアニメ的な手法で描かれ主人公の細やかな感情が表現されるようになっています。

ロックマン2のエンディングでも主人公の背景が伝わるような、意味深なシーンになっています。

スーパーマリオブラザース3

忍者龍剣伝

ロックマン2 Dr.ワイリーの謎

1989年

この年、ゲームボーイが発売されています。8月にはセガからメガドライブが発売されています。

エンディングの演出ではダウンタウン熱血物語が舞台劇風で描かれていて、キャラクターたちが存在しているかのように感じます。

ダウンタウン熱血物語

ダブルドラゴンII ザ・リベンジ

1990年

この年の11月にスーパーファミコンが発売。そんな中でもFF3やドクターマリオなど名作が発売されています。

スーパー魂斗羅

ファイナルファンタジーIII

ドクターマリオ

ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会

1991年

前年に発売されたスーパーファミコンにシフトしていきます。ここからファミコンソフトの発売本数も減っていきます。

マリオオープンゴルフ

1992年

スーパーマリオUSA

1993年

ファミコン最晩年の名作として挙げられるカービー。ゲームのクオリティも高いですがラスボスからのエンディングの演出が高まっています。

とはいえ、本当によくできているゲームだなぁと。

星のカービィ 夢の泉の物語

まとめ

いかがでしょうか。特にスーパーマリオ発売後からエンディングが充実しているのはゲームの市場規模の拡大と、競争の激化があったことが原因の一つだと思います。

当時の子供はこの画面見たさに、膨大な時間を費やしていたことを考えると感慨深いですね。。。

スポンサードリンク

Pocket

 - ゲーム, ブログ, 任天堂 , , , ,